ライブ配信とは?活用するメリットや初心者が知って得する雑学を分かりやすく紹介

今では誰でも気軽にできるライブ配信。
でも通常のウェブサイトや動画配信とどう違うのでしょうか? 配信するメリットや初心者が知って得する雑学などを簡単にまとめてみると、リアルタイムであることの情報の速さ、視聴者とのコミュニケーションの取りやすさにあると考えられます。
従来のウェブサイトや動画配信にはない、待たずに反応を得られる、すぐに欲しい情報が簡潔に手に入るなど、まさに今の視聴者が求めている事だと考えられます。

ライブ配信とは?活用するメリットや初心者が知って得する雑学を分かりやすく紹介

ライブ配信の活用メリットや雑学に関してはリアルタイムであることが第一です。
通常のウェブページでの情報発信も早いと言えますが、今まさにその場で発信されるリアルタイムに勝物はありません。
その臨場感が視聴者を引き付けてくれるでしょう。
また、視聴者もリアルタイムでコメントを送れ、配信側もコメントを読むことができるので視聴者とのコミュニケーションも取ることができるのもライブ配信の魅力の1つです。
例えば視聴者からの質問にすぐ答える、逆に知らない雑学を教えてくれるなどがあります。

ライブ配信を外注する場合に必要な予算

昨今ではライブ配信を行う方の人数が大幅に増えています。
しかし、配信は無料で行えるわけではありません。
必要な設備を整えることを考えるとそれなりの予算がかかります。
ライブ配信の予算は観客が0人の場合でも、5万円から15万円ほどかかることになります。
観客が100人を超えてくるとカメラの台数が3台ほど必要となるので、50万円以上の費用は覚悟しておくことが大切です。
そこまでお金がかかるのであれば、自前でやればいいのではと思う方もいるかもしれません。
ところが、設備の内容や撮影の仕方のノウハウなど、素人と外注では全く異なります。
よほど技術に自信がある場合でなければ、外注を依頼した方が成功の確率が上がるといえるでしょう。
継続的に配信を行うとなれば、費用が割り引かれる可能性もあります。
実際に業者に見積もりを依頼し、具体的な内容を確認してから依頼するかどうかを決めることをお勧めします。
回線のトラブルに対応することも重要となります。

リアルタイムの情報を発信できるライブ配信

ライブ配信を始めるメリットについては数えきれないくらいありますが、なかでも特に需要になっているのがリアルタイムに情報を発信できる機会が得られることになります。
今直ぐに教えたいタイムリーな情報をいち早く届けることができますし、より多くの方にみてもらうことができるのでとても利便性があるのです。
また、楽しいと思ってもらえるようなライブ配信を行うことができれば、それ一本で生活していけるような収入を得ることも夢ではなくなってきます。
このチャンネルは常に新しい情報を発信してくれるのですごく為になる、見ていると時間を忘れるくらい夢中になれると思わせることができれば成功と言えるので、まずは気軽に始めてみてはいかがでしょうか。
そして、誰よりも先にライブ配信して知らせる心構えも必要になってきます。
二番煎じでは人気を得ることは非常に難しいので、誰もマネできないような個性を大切にしたライブ配信を目指し、唯一無二の輝きを届けていきましょう。

ライブ配信の映像が途切れたりしてしまう原因と解決法

ライブ配信の映像が途切れたりしてしまう原因ですが、基本的には回線の容量をオーバーしてしまっているためと考えられます。
ライブ配信では音声付きの動画を流すことになるわけですが、特に動画に関してはデータ量が多く、回線に負荷をかけるために途切れたり、場合によっては完全に止まってしまったりすることになります。
根本的な対処法は、配信場所のインターネット環境を見直し、データ量に比べて容量が明らかに少ないようであれば増強することが考えられます。
解決法には不十分かもしれませんが、実際の配信の前にテストを行い、ストレスなくスムーズに送信したり受信したりできるかを確認しておくことは大事です。
回線の増強は一朝一夕にできるものではありませんから、当面の対策として考えられることは解像度を落とした画像にすることがあります。
このようにすると映像の質は悪くなってしまいますが、切れたり完全に止まったりするよりは明らかにましでしょう。

ライブ配信の音質が悪いときは外付けのマイクをつけるのがおすすめ

ライブ配信の音質が悪いときには、外付けのマイクを利用するのがおすすめであり、検討してみたい解決法になります。
パソコンでライブ配信を行っている人も多く、1台のPCで全てをこなせるのはありがたいものですが、それ専用の機器を用いるのとは訳が異なり、別売り品を用いることで劇的に状況が改善されるケースも多いのです。
相当に高品質のパソコンであっても、それはメモリやCPUはハイスペックかもしれませんが、マイクまでは気が回っていないことが多いということで、機能的には劣るものかもしれません。
また、内臓マイクでは当たり前のことですが配信者の口元から距離があり、きちんと声を拾わなかったり周囲の雑音も一緒に拾ったりすることがあります。
これに対して外付けマイクの場合は、それ自体の品質もさることながら口元近くに設置できるのが非常に大きなポイントで、別にそこまでハイスペックな商品でなくても内蔵品からは明らかに改善することがあるのです。

ライブ配信に関する情報サイト
ライブ配信を始める前に

今では誰でも気軽にできるライブ配信。でも通常のウェブサイトや動画配信とどう違うのでしょうか? 配信するメリットや初心者が知って得する雑学などを簡単にまとめてみると、リアルタイムであることの情報の速さ、視聴者とのコミュニケーションの取りやすさにあると考えられます。従来のウェブサイトや動画配信にはない、待たずに反応を得られる、すぐに欲しい情報が簡潔に手に入るなど、まさに今の視聴者が求めている事だと考えられます。

Search