ライブ配信は社内広報・研修などの広い目的で利用が可能

ライブ配信は社内広報・研修などの広い目的で利用が可能

ライブ配信はもともと動画プラットフォームなどで始まったもので、最初は娯楽コンテンツの一つでしたが、企業活動の一環で使用される事が多くなっています。
企業が外部に対して広報や宣伝の一環としてライブ配信で、情報を発信したり内部向けに研修などを目的に配信を使うというケースもあります。
製品の発表会やサービスの新規リリースの発表会や上場企業の決算発表など、従来だと会場まで足を運ぶか会場に来た人の2次情報でしか内容を知る事ができなかったところが、配信によってインターネットを通じて会場に行かなくてもリアルタイムで製品の発表会などを観る事が可能になりました。
外部向けだけでなく内部向けに研修などを行う時も、それまでは現地に人を集めて行っていたのを各地からインターネットを介して、ライブ配信で研修を受ける事が可能になりました。
企業としても交通費や会場を用意する費用などを浮かせて、移動時間を業務に充てられるようになったので、ライブ配信を使う事には大きなメリットがあります。

ライブ配信で成功をするにはマーケティングが欠かせない

ライブ配信をすることで一般人でも人気者になれる可能性が高いですが、実際に配信をする内容によって視聴者の人数には大きな違いがあります。
テレビの視聴率のように基本的には多くの人に見られたほうが、収益が多くなるような特徴もありますから、配信を開始する前にマーケティングに力を入れないといけないです。
どのようなビジネスでも需要を見込めないとお金を稼ぐことはできませんから、早めに需要の動向を確認しないといけません。
需要が少ない分野でライブ配信をしても、収益を狙うのは難しい特徴がありますから、早めに対策をするのが大切です。
マーケティングのプロに依頼をすることで簡単に調べていくことができますが、自力でも他の配信者の状況をチェックすることで簡単に需要を知ることができます。
人気が高い分野でもライバルが強いと、上手く視聴者を確保できないような可能性もありますから、基本的には自分が戦える分野を見つけていくのが大切です。
ライブ配信も競合相手が存在するビジネスの一つになりますから、勝ち抜くための戦略は欠かせません。

ライブ配信に関する情報サイト
ライブ配信を始める前に

今では誰でも気軽にできるライブ配信。でも通常のウェブサイトや動画配信とどう違うのでしょうか? 配信するメリットや初心者が知って得する雑学などを簡単にまとめてみると、リアルタイムであることの情報の速さ、視聴者とのコミュニケーションの取りやすさにあると考えられます。従来のウェブサイトや動画配信にはない、待たずに反応を得られる、すぐに欲しい情報が簡潔に手に入るなど、まさに今の視聴者が求めている事だと考えられます。

Search