ライブ配信は機材トラブル後のリカバリーが難しいので注意が必要

ライブ配信は機材トラブル後のリカバリーが難しいので注意が必要

ライブ配信は良くも悪くもその場限りの一発勝負の側面があり、機材に何かのトラブルが発生した場合にはリカバリーが難しくなることに注意が必要です。
ごく簡単なものであればその場で対処してライブ配信を続行できることもあるかもしれませんが、今まさに配信中となると本人も焦りますし、視聴者も待てる時間は思ったほど長くないのが普通ですから、かなり厳しいと思っておいたほうが良いでしょう。
少なくとも飽きさせてしまうようなことは避けるべきです。
実際的には、万が一にもそのようなトラブルが発生しないように事前にしっかりと点検して本番に臨むとか、可能なのであればバックアップ用品を準備しておくことなどがあります。
それでも100%完全とはいかないかもしれませんが、そもそもライブ配信にはそういうことも起こりうると考えておき、別にその日に絶対やらないといけない訳ではないと割り切って、また別の日に行えば良いと思うことも大事な切り替えになります。

ライブ配信をする時に快適な環境を整える重要性

ライブ配信をする時はPCやスマートフォンから行う事ができて、比較的スペックの低いデバイスであっても配信をすること自体は可能です。
しかしギリギリのスペックで行うとなると映像の質も低くなりますし、音声が割れたり遅延が発生する原因になります。
またいきなり配信自体が切れてしまう事もあるので、する側も観る側もストレスになるので少しでも良い環境での配信をした方が良いです。
配信の環境を良くするためにはPCやスマートフォンなどの、デバイスのスペックを上げる事が重要です。
CPUやメモリが不足しているとどうしても動作に問題が出る事が多いので、デバイスの基本的なスペックを上げると良いです。
さらにマイクやキャプチャーボードやカメラなども安価な製品ではなく、ある程度のスペックを満たしている物を使う事で、音声や映像の質を保てます。
ライブ配信を快適に行う為には、デバイスだけでなく通信環境も大切なので、インターネット回線にも気を付けるべきです。

ライブ配信に関する情報サイト
ライブ配信を始める前に

今では誰でも気軽にできるライブ配信。でも通常のウェブサイトや動画配信とどう違うのでしょうか? 配信するメリットや初心者が知って得する雑学などを簡単にまとめてみると、リアルタイムであることの情報の速さ、視聴者とのコミュニケーションの取りやすさにあると考えられます。従来のウェブサイトや動画配信にはない、待たずに反応を得られる、すぐに欲しい情報が簡潔に手に入るなど、まさに今の視聴者が求めている事だと考えられます。

Search